こんにゃくおんがく

すきなようがくりりっくをやくすだけのぶろぐ

There Is No Other Time / Klaxons 和訳

初期のエッジききまくりでもエキセントリックがすぎるクラクソンズもいいけど、こういうキャッチーで小洒落た感じもいい。ロックバンドってよくアルバム出すごとにマイルドになっていくよね。

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

('Cause we're already there)

(僕らはもうそこにいるから)

There is no other time

今この時しかないんだ

 

I close my eye, I feel the flow

目を閉じると、流れを感じる

Everything is moving forwards, let's let it go

すべてが前に進んでいる、止めなくていい

I see it clear, it's telling me

視界は澄み、それは僕に訴えかける

Tomorrow is just another story

明日になれば別の物語が始まると

It's all around, I feel it now

それは僕を取り囲み、今感じる

I know that in a moment I can turn around

振り返るならこの時だ

I see it clear, it's telling me

視界は澄み、それは僕に訴えかける

Tomorrow is standing right in front of me

明日は目の前にあると

 

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

('Cause we're already there)

(僕らはもうそこにいるから)

There is no other time

今この時しかないんだ

 

It's in your eyes within the flow

この流れの中で、君の目にも見えるだろう

Everything is moving forwards, let's let it go

すべてが前に進んでいる、止めなくていい

I see it clear, no fantasies

視界は澄み、そこに幻想はない

Tomorrow is standing right front of me

明日は僕の目の前にある

You're all around, I feel you now

そこかしこに君がいる、今そう感じる

I know that in a moment we can turn around

僕らが振り返るならこの時だ

I see it clear, no fantasies

視界は澄み、そこに幻想はない

Tomorrow is just another story

明日になれば別の物語が始まる

 

In this moments we're moving forwards

今この時、僕らは前に進んでいる

At this moments moving forwards

今この時、前に進んでいる

In this moments moving forwards

今この時、前に進んでいる

At this moments moving forwards

今この時、前に進んでいる

 

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

There is no other time

今この時しかない

No other place

この場所しかない

No other day

この日しかない

('Cause we're already there)

(僕らはもうそこにいるから)

There is no other time

今この時しかないんだ

 

メモ

in this moment / at this moment

大した違いではないけど、"in"だと今いる場所や感じている気持ち、"at"だと今その時、つまり時間そのものにフォーカスされていると捉えられるそうです。