こんにゃくおんがく

すきなようがくりりっくをやくすだけのぶろぐ

Me and My Husband / Mitski 和訳

楽しげなメロディーも相まって一見旦那との惚気話を歌っているかのように聞こえるのですが、よくよく歌詞を見てみるとそう一筋縄に行かない歌であることがわかってくるというある意味、意味が分かると怖い歌。

ちなみにミツキちゃんは既婚者ではありません。ツアー中毎日人に囲まれているのに拭いきれない孤独感を、幸せな家庭を築いているように見えて内に孤独を抱える田舎の主婦に投影し、この曲は生まれたのだそうです。

曲中繰り返される「私と夫はいつも一緒」というフレーズはもしかすると、主人公がそう自己暗示をかけているだけなのかもしれません。

I steal a few breath from the world for a minute

私は少しの間、この世界で息をさせてもらっている存在

And then I'll be nothing forever

その後は永遠になかったことになる

And all of my memories

私の記憶も

And all of the things I have seen will be gone

目にしたものもすべて消えてしまう

With my eyes, with my body, with me

私の目も、体も、私自身も

 

But me and my husband

でも私と夫は

We are doing better

うまくやっているわ

It's always been just him and me together

彼と私はいつも一緒

So I bet all I have on that

だから私は持てるすべてを

Furrowed brow

眉間にしわを寄せるあの人にゆだねるの

And at least in this lifetime

少なくともこの人生では

We're sticking together

私達はいつも一緒

Me and my husband

私と夫は

We're sticking together

いつも一緒

 

And I'm the idiot with the painted face

私は張り付けた表情を浮かべる馬鹿な女

In the corner, taking up space

部屋の角が私の居場所

But when he walks in, I am loved, I am loved

でも彼が入って来ると、私は愛されていると思えるの

 

Me and my husband

私と夫は

We are doing better

うまくやっているわ

It's always been just him and me together

彼と私はいつも一緒

So I bet all I have on that

だから私は持てるすべてを

Furrowed brow

眉間にしわを寄せるあの人にゆだねるの

And at least in this lifetime

少なくともこの人生では

We're sticking together

私達はいつも一緒

Me and my husband

私と夫は

We're sticking together

いつも一緒

Me and my husband

私と夫は

We are doing better

うまくやっているわ

 

メモ

furrow

「畝(うね。作物を植える際に作る盛り上がった土の列のこと)」「溝」「深いしわ」

曲中の"furrowed brow(しわの寄った眉)"には彼女の夫がいつも険しい表情を浮かべ家族の上に立つ昔気質の亭主関白な人物であることが表されています。一方で直前の"I bet all I have on that(すべてを賭ける)"というフレーズからは、彼女がそんな夫や家庭に人生を捧げる専業主婦であることが見えてきます。